注目銘柄のメモの記事 (1/6)

フージャースHD(3284)のライツオファリング

フージャースHD(3284)がライツオファリングを発表しました。
まとめておきたいと思います。
(過去の株価はマーケットスピード<楽天>で調べましたが
正しいかは保証できませんので、ご留意ください)

<1/31追記>
1月29日に決定した権利処理価格は「281.43円」でした。
26日の終値が1086円でしたので、引けで買った場合
信用の建て単価が804.57円となり、権利落ち当日なら
利益が出たかなってところですね。
この804円~781円ぐらいが2月は目途になりそうです。

まず一部コミットメント型で行われます
→行使されなかった分、新株予約権の総数の20%を上限に
ドイツ証券に譲渡し、譲渡した分はすべて行使する予定になってます。
(ドイツ証券の行使期間は3月20日~22日となっております)

スケジュール
1月26日(金) 権利付き最終売買日
2月1日(木) 新株予約権上場(同日から行使可能)
2月8日(木) 最短で行使した場合の株券受け渡し日(推定)
2月8日(木) 2018年3月期、3Q決算発表(16時予定)
3月8日(木) 新株予約権売買最終日
3月15日(木) 新株予約権の権利行使最終日(一般投資家向け)
3月20日(火)~ ドイツ証券の新株予約権行使期間

条件
普通株1株に対して、1つの新株予約権を無償で割り当て
行使価格500円 1つの新株予約権につき500円支払うと1株に

特定口座で取得すれば、予約権も特定口座に入庫される
(証券会社によっては違う場合もあるかもしれません)
予約権の取得価格は0円になる。
(→行使してもそのまま予約権でも売却した場合おそらく税金がかかる形に)
(→その分本株が下落するので、まあ税金的にはEVENですが)

過去事例、タカラレーベン(8897)の場合(2010年3月)
1株につき1つの新株予約権を無償割り当て(ノンコミットメント型)
行使価格300円
決議日 3月5日
権利付き最終売買日 3月26日
新株予約権上場日 4月1日(フージャースより間が開いてます)
新株予約権最終売買日 5月24日
行使期間5月6日~5月31日(スケジュールがフージャースと違う点に注意)

決議日(2010/03/05)の終値 559円(前日比+42と謎上げ、報道等あったかも?)
本株(8897)の価格推移
3/8(翌営業日) 559 560 510 516(-43) 寄りは売られずも引けにかけて下落
3/9 511 514 443 447(-69)
3/10 443 464 439 451(+4) 権利付き期間の安値出現439円 ▲21.5%の水準
3/26(権利付き最終売買日) 480 486 477 479(-9) 発表前終値の▲14.3%の水準
3/29(権利落ち) 381 450 381 440(-39) (基準価格が不明なので前日比で表記)
4/1(新株予約権上場日) 413 414 401 404(-15)
5/6(行使期間初日) 480 485 468 468(-26) 3営業日前から下落し4日続落
5/30(行使期間最終日) 356 365 351 363(+2) このころになると結構下がってます。

新株予約権(88979)の価格推移
4/1(上場初日) 70 100 69 80 (実質380円という事で終値ベースで6%のディスカウント)
4/27 202 215 200 200(-10) (高値出現、終値ベースで3.8%のディスカウント)
5/24(上場最終日) 3 9 3 5(-2) (本株終値323円に対して5.6%のディスカウント)

権利付き最終売買日に買い、新株予約権を寄りで売った場合のパフォーマンス
(配当落ちがおそらく2円ありますが、考慮してません、手数料も考慮せず)
479円で購入、新株予約権1つ
413円で本株売却、70円で予約権売却 計483円 +0.8%のパフォーマンス

権利付き最終売買日に買い、新株予約権を行使して売った場合
(最速で5月13日ぐらいなのではないかと推測)
479円で購入、+300円で行使して、株券が2倍に
407円で売却 平均購入価格389.5円 → +4.5%のパフォーマンス

権利付き最終売買日に買い、新株予約権を行使して売った場合その2
(新株予約権の最終上場日<5/24>の場合)
479円で購入、+300円で行使して、株券が2倍に
323円で売却、平均購入価格389.5円 → ▲20.6%のパフォーマンス

条件等細かい違いはあるけど、乱暴にまとめると
○基本的には希薄化はしないが、イメージが悪く嫌気される傾向
▲20%ぐらい下げればチャンスあり?
○権利は取ればチャンスがある局面はあるかも?
○引っ張るとパフォーマンス悪化する傾向?
(めんどくさがらずに何事も早めの対応が吉?)

明日以降どうなりますかね?
現時点のフージャースでは終値ベースでは▲18.4%
安値ベースでは▲21.8%までありました。
過去事例積んで、次回の案件の時に生かしたいです。

恒例の?当たらないけど、TOB運試し

皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
お互いに良い年になりますように。

さて、新年最初の更新ですが、恒例というか
わりとこの時期に手掛けることが多いので
TOB狙い的な銘柄をつらつらと書いていこうと思います。
過去、旅立った銘柄もいくつかありますが、基本当たりませんので
新年の戯言的位置づけで、ご覧いただけたらなと思います。
(個人的な忘備録としても利用したいと思いまして)

〇すでにTOBや株式交換が発表されたけど、わーわー言ってる銘柄
東栄リーファーライン(9133) PBR 0.72 PER 8.48 TOB成立で無配予定
2017年11月8日 TOB発表(1株600円)
12月4日 レノによる大量保有報告書
12月20日 ジェットエイトによる臨時株主総会の徴求請求
2018年1月11日(木) TOB締め切り(予定)

株価は645円と7.5%ぐらいTOB価格を上回っております。
実際レノが600円より上を買ってる事と、思惑で上買う人がいて
という現状ですね。

指標からするとTOB価格が安いような気もしますし
下限が3,689,400株と、ややハードルが高い気がして
現状ではおそらくTOBは不成立になるのではないかと考えます。

会社側が諦める(過去事例では諦めちゃうのはあまり記憶がないけど)
条件引き上げる(ただ、引き上げてもジェットエイトは応募しないような気も)
反対にジェットエイト側が対抗TOBする(お金があるか不明だけど)
この3パターンぐらいが考えられる気がします。

もしTOBが成立したら、7.5%のマイナス。
不成立になると、どうなるかな?という案件です。

アルパイン(6816) PBR 1.09 PER 33.9 配当利回り1.28%
2017年7月27日 アルプス電気(6770)による株式交換による経営統合発表
10月~11月 オアシス・マネジメント・カンパニーが反対の意を示す
12月4日 会社側が正当性主張するようなリリース

まず、スケジュールと条件を
2018年12月25日 アルパイン最終売買日
2019年1月1日 株式交換効力発生日
条件 アルプス電気1 アルパイン0.68(統合新会社への割り当て比率)
(アルプス電気の株価に0.68をかけるとフェアバリュー、配当考慮せず)
12月29日終値からだと2,190円がフェアバリューに対して
時価は2,333円と6.5%ぐらいプレミアムがついてますね。

会社側の正当性を主張するリリースを見ると
類似上場会社から比率は適正と言わんばかりの書き方ですが
比較会社がJVCケンウッド(6632) クラリオン(6796) パイオニア(6773)
と書いてあり、確かに業態からすればそうだけど、財務内容が
全然違うんじゃね?という気がします。

個人的にはポジってますが、ここより上のプレミアムは買えるか・・・
と言われるとちょっとどうかな?とも思いますし。
アルプス電気空売りしながら、買うならギリギリかなと言うところです。

〇すでに親会社等が吸収されたり再編されたけど、残ってる上場子会社
UCS(8787) PBR 1.06 PER 10.5 配当利回り1.76% 株主優待あり
親会社がユニー(ユニーファミマとして経営統合)で81.3%保有してます。
先日、決算発表に合わせて買われ、統合ないか~で失望売りという
かなり認知されてる銘柄ですねw
ポケットカード(8519)の方が先に取り込まれてしまいガッカリしてます。
まあいつかあるとは思うのですけどね~優待があるので気長に待てますけど。

東京ラヂエーター(7235) PBR 0.69 PER 13.2 配当利回り1.13%
カルソニックカンセイ(投資ファンドにTOBされる)の子会社です。
持ち株比率は40.0%
ここだけ上場してる意味はあまり無さそうな気はします。
割安なので気長に待てる気がします。増配基調だけど配当利回り低すぎ・・・

アルプス物流(9055) PBR 0.77 PER 11.6 配当利回り1.93%
先ほど取り上げた、アルプス電気(6770)の子会社です
持ち株比率は46.5%(グループで過半数は超えてると思います)
まあアルパインが片付いてからと考えるのが普通ですね。
物流は再編も進んでるので、他社に売るという選択肢もありそうです。
しかし、ここも現金貯めこんでますねえ・・・

ダイハツディーゼル(6023) PBR 0.69 PER 10.7 配当利回り1.85%
ダイハツの子会社です(ダイハツはトヨタに完全子会社化されました)
ここも取り込むんじゃないかな~と考えましたが、音沙汰なし。
投資家目線では割安ではあると思うので
買ってほっといても良いかなとは思いますが

ミサワホーム中国(1728) PBR 0.50 PER 12.0 配当利回り1.79%
ミサワホームは上場子会社がいくつも上場してましたが
(北海道、東北、東海、九州、他にもあったかも?)
これだけなぜか吸収されませんね。まあ救済されてないとも
言えるので、がんばってる会社とも言えるかもしれません。

〇上場子会社をつらつらと(個人的濃淡はありますけど、順序は関係ないです)
図書印刷(7913) PBR 0.60 PER 46.4 配当利回り0.78%
親会社、凸版印刷(7911) 持ち株比率51.0%
ストラテジックキャピタルが保有して、株主提案してます。
2016年に465万株のリクルート株を売却も、今年分割したため
まだ1395万株保有(時価で390億円)

ちなみに図書印刷の時価総額は440億円ほどなので、ほとんど事業の
評価はないですね。凸版が取り込んじゃった方が、わーわー
言われなさそうな気もしますが、ほったらかしです。

トッパンフォームズ(7862) PBR 0.84 PER 45.9 配当利回り1.96%
親会社、凸版印刷(7911)持ち株比率58.6%
これも凸版の上場子会社です。上場したときには株やってましたので
覚えていますが、その後ず~と上場してる意味ない感じですw

蝶理(8014) PBR 1.04 PER 11.8 配当利回り2.20%
親会社、東レ(3402)持ち株比率51.2%
ストラテジックキャピタルが保有し、株主提案してます。
ここのところ増配続きで、株主還元注力中。

水道機工(6403) PBR 0.86 PER1 2.0 配当利回り1.99%
親会社、東レ(3402)持ち株比率51.0%
もう一社東レの子会社です。前から見てますけど
これもなかなか吸収されませんね。
株価はこの1年で結構上がりました。

トーメンデバイス(2737) PBR 0.86 PER 14.1 配当利回り2.05% 株主優待あり
親会社、豊田通商(8015)持ち株比率26.6%、実質は50.1%
元々は名前のとおりトーメンの子会社です。
トーメンを豊田通商が吸収して現在の関係になってます。
兄弟的な位置づけだった、トーメンエレクトロニクスが2016年に
TOBされ、こちらだけ残ってます。
だいぶ株価上がりましたね。優待もあるのでまったり保有できましたが

NECキャピタルソリューション(8793)
PBR 0.59 PER 8.75 配当利回り1.90% 株主優待あり
親会社、NEC(6701)の持ち株比率、37.6%
NECもいくつか上場子会社があり、整理したものもありますが
残ってる中で、こちらをピックアップ。
いつあってもおかしくないかな?と10年ぐらい思ってますけどw

オルガノ(6368) PBR 0.78 PER 17.4 配当利回り1.52%
親会社、東ソー(4042)の持ち株比率、41.2%
普通に安定した良い会社ですよね。
外国人持ち株比率も上がってる感じです。

鳥居薬品(4551) PBR 1.00 PER 22.9 配当利回り1.58%
親会社、JT(2914)の持ち株比率、53.4%
親会社は非たばこ事業に力を入れると思うので
テコ入れもあるかも?とか妄想しますが、そのままでも
いいのかもしれません。4-5年前よりバリュー度が下がってます。

田岡化学(4113) PBR 0.91 PER 6.7 配当利回り2.07%
親会社、住友化学(4005)の持ち株比率、50.1%
正直、あまり馴染みのない(知らない)会社でした。
ここ4年ぐらい、業績がとても良く、株価は昨年だけで
2倍になってますね。

弘電社(1948) PBR 0.50 PER 7.7 配当利回り3.00%
親会社、三菱電機(6503)の持ち株比率、50.0%
こちらも直近3年ぐらい業績が良いです。
株価も右肩上がりですね。

スバル興業(9632) PBR 0.97 PER 11.1 配当利回り2.36% 株主優待あり
親会社、東宝(9602)の持ち株比率、51.1%
2013年に東宝不動産がTOBされたときは、ひと悶着ありました。
あれは個人的に当たったのにリターンが少なかったですw
こちらはあちらほど本業との親和性がないかもしれませんが
上場させておく意味もない感じですね。
オリンピックに向けてというのもあるのか、業績好調です。

ジェコー(7768) PBR 0.62 PER 14.0 配当利回り2.61%
親会社、デンソー(6902)の持ち株比率、35.2%
その親のトヨタ(7203)と合わせると、50.5%
この会社も良く知りませんでした。
こちらは3-4年前の方が業績は良かったですね。
株価はわりと強いままですが。

東北特殊鋼(5484) PBR 0.88 PER 11.3 配当利回り1.05%
親会社、大同特殊鋼(5474)の持ち株比率、33.7%
元々バリューで有名?でしたけど、昨年倍化しました。
あまり緊張感は感じないので、TOB的目線ではやや落ちるかも?
増配余地ありまくりですねw

フジオーゼックス(7299) PBR 0.45 PER 10.2 配当利回り2.25%
親会社、大同特殊鋼(5474)の持ち株比率、45.4%
関係会社を加えると過半数以上持ってます。
また大同特殊鋼の上場子会社です。
業績面では昨年へこんだ分は戻って来てる感じ。
こっちの方が取り込んでも?って気はしますね。
わりと長期でも持ちやすいかもしれません。

オーエムツーネットワーク(7614)
PBR 0.99 PER 10.5 配当利回り1.39% 株主優待あり
親会社、S FOODS(2292)の持ち株比率、48.8%
だいぶ株価が上がって、割安感は薄くなった感じです。
業種的に高いPERが許容されてる事を考えれると
まだ安い方かとは思いますが。

昭和飛行機(7404) PBR 1.39 PER44.7 配当利回り0.69% 株主優待あり
親会社、三井造船(7003)の持ち株比率、48.3%
2014年に1650円でTOB、30%→50%超へ
土地持ち企業で有名で、この手の投資では名前が挙がる銘柄です。
似たような立飛企業や新立川航空機なども上場廃止になってますし
そのまま上場していても・・・とは思いますけどね。

ダイビル(8806) PBR 1.08 PER 25.1 配当利回り1.19%
親会社、商船三井(9104)の持ち株比率、50.9%
同じような切り口で、もう一銘柄。ダイビルです。
こちらは直近、株価が動意付いてる感じですね。
不動産関連は狙われやすいですよね。

宇徳(9358) PBR0.82 PER12.4 配当利回り1.66%
親会社、商船三井(9104)の持ち株比率66.5%
もう一つ、商船三井の上場子会社です。
2006年にTOB(1株461円)で連結子会社化31%→50%超
株価は緩やかに右肩上がりですが、まだ割安な感じ。
株主構成からすると、創業者色は薄そうなので、取り込むのに
支障はなさそうな感じがするけど。

川崎近海汽船(9179) PBR 0.47 PER 11.6 配当利回り2.55%
親会社、川崎汽船(9107)の持ち株比率、47.5%
フェリーの会社は収益が上がらないところが多いですが
この会社は安定感がありますね。
緊張感は感じない株主構成なので、TOB狙い的には落ちる感じ。

セコム上信越(4342) PBR 1.24 PER 18.1 配当利回り1.88%
親会社、セコム(9735)の持ち株比率、50.4%
永遠の栄誉TOB候補的な感じですよね。
上場してる意味ないじゃん界のレジェンドです。
創業家の野沢家の方々はこのまま上場しておいてくれた方が
なんとなく良いのかな?と考えておられそうですが。
結構、2部にしては時価総額ありますが、昇格する気もなさそうです。

北越メタル(5446) PBR 0.38 PER 8.7 配当利回り2.59%
親会社、トピー工業(7231)の持ち株比率、33.1%
電炉なので、収益が振れる傾向がありますが
さすがにPBR0.38は安いかなと思います。
トピー工業自体が、新日鉄の関連会社(持ち株比率20%)に
なってるので、トピー工業の一存でどうこうなりそうもないのがマイナス?
ただ、細羽強さんが株主になってるので、プレッシャーはありそう。

岡山製紙(3892) PBR 0.44 PER 60.9 配当利回り1.66% 株主優待あり
親会社、王子HD(3861)の持ち株比率、41.2%
こちらも細羽強さん銘柄ですね。
プレッシャー感じてるのか、単元変更や、優待導入してます。
そういう問題ではないかと思いますが、どうなるんでしょう・・・

以上、抜けがあるかと思いますが、思いついたものを書いてみました。
前後しますが、よほど含みがあるもの以外は、PBR1倍程度を上限に
選択してます。上記の銘柄は大なり小なりすべて保有してますので
ポジショントークかもしれませんことを、お含みおきください。

本年もよろしくお願いいたします。

今年もTOB頼みかなというところで・・・

みなさま新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年もそうでしたが、相場の上げ下げは全く分からず
相変わらずセンスないなと思いました。
BREXITは離脱もあるなと思いながら巻き込まれ
大統領選挙はヒラリーさん敗北で下がるというところは
対応しましたが、トランプさんであんなに戻ると思いませんでしたし・・・

現状、ポジってるものや、気になっているものをメモっていきます。
カルソニックカンセイ(7248)
5/23に「日産、カルソニックカンセイ全株売却へ 総額1000億円超 」
という観測報道が流れ、翌日は売り気配でスタート。

6/11に「カルソニックカンセイ株売却、外資ファンドなど応札」
この観測報道の中に「ファンドの中にはTOBによって全株式の
取得を目指す動きもあり、買収額は3000億円規模に達する可能性」
この報道で株価は一時的に上がりましたが、その後は報道前より
安くなる場面もありました。

10/28に「カルソニック 米ファンドに売却へ 総額4000億円規模」
9月ぐらいから、株価はじりじり上がってましたが、この報道で
ブレイク。その後はこの水準でもみ合いでした。

11/22に「日産、カルソニック売却で合意 22日発表4000億円規模」
今日中に出るという雰囲気になり、4000億円に沿った値動きでした。
その日の引けに出た数字は5000億規模に近い数字となり現在に
至ってます。

振り返りが長くなってしまいました。
現状としては1860円での買取り、うち570円を上限として配当で支払い
→1290円程度でのTOBと570円程度の配当権利付き=現状の株価
という事になります。税金に絡むお話は微妙なので割愛させて
いただきますが、現状の株価では、配当に対して税金が源泉徴収
されると思われ、とりあえず手取りではマイナス案件ではないかと
思います。続報出たらまたまとめようと思います。

日立工機(6581)
10/5に「日立2事業売却へ」という観測報道が出て
その後地合いもありますけど、株価強かったですね。
12/28に「KKR日立工機を買収へ1500億円超」という
記事が出て、水準を切り上げてます。
1500億円を自己株式を除いた発行済み株式で割ると
「1479円」という数字が出ますが、ほぼそれに沿った感じですね。
あくまでも観測報道なので、上に振れるか、下に振れるか
近いか、わかりません。時価では様子見なんでしょうか?

日立国際電気(6756)
日立工機と同じタイミングで観測報道が出ました。
個人的にはこちらの方が、報道の内容的に
日立がTOBする可能性が高いかな?
と思って重視してましたが、その後続報はありません
「市場に流通する残りの全株をTOBで日立製作所がいったん
取得したうえで事業を売却する案がある。
現在の保有株の一部を事業会社に直接売却する構想もある」
という報道ですので、前者ならプレミアムに期待できますが
後者だと面白くないかもしれませんね。
株価には割安感が乏しく、買いにくいですが・・・

日本航空電子(6807)
TOB締め切りが1月17日(火)までです。
一般のショート玉は期日設定されてしまって、買い戻し。
買い玉はコツコツ外してる状態です。
時価はやや高いかな?と思ってます。
一般ショートが取り上げられてしまったので
ロングショート状態で応募できる向きがいなくなったと
思われるので、当選率は上がりそうですが・・・
個人的には少量応募しようと思ってます。

市光工業(7244)
TOB締め切りが1月12日(木)までです。
時価は多少期待値があるかな?程度と考えてます。
川本産業(3604)で思ったより応募が集まったので
金融機関がキッチリ応募してきそうですけど・・・
みずほなので、郵送か店頭に行かないと応募できない面は
当選率にはいいかもしれませんね。

アクリーティブ(8423)
TOB締め切りが1月19日(木)までです。
こちらも時価は多少期待値があるかな?と考えてます。
外資の株主が多く、当選率読みにくいですが・・・
親がEXITの方向なので、TOB後の業績期待は
薄いかもしれません。

ローソン(2651)
TOB締め切りが2月9日(木)までです。
時価ではTOB云々というのは少しつらそうなイメージ
押せば手掛けたいのですが・・・

みんなのウェディング(3685)
TOBの締め切りが2月10日(金)までです。
まだサヤがないので、手掛けてませんが
押す場面があれば参加したいと思ってます。

日新製鋼(5413)
TOBの実施が2月ごろの予定となってます。
全体的に株価が上がったこともあって
ハズレ株券の事を考えると
時価は多少期待値があるのかな・・・という感じ。
また取り上げられちゃうかもしれませんが
一般信用でショート混ぜながらコツコツ積もうと思います。
地合いがこけたら、やや期待値落ちそうですね。

ベンチャーリヴァタライズ(8721)
存続期間が2017年7月30日と決まり解散する予定です。
現状の参考評価額が9,397円
市場でつけてる値段が8,200円です。
サヤがある状態ですが、解散費用や、まだ株券で保有してる
ものも多いので値下がりリスクを考慮する必要があります。
株券売るにも売却コストもかかりますしね。

最終的には特定口座から払い出されて清算になると思うので
確定申告が必須となり、税金的にもややこしくなる案件です。
個人的には毎年してますし、サヤがそれなりになるので
時価でしたらコツコツ買おうかなと思っております。

東京ラヂエーター(7235)
カルソニックカンセイの子会社(40%保有)になります。
親会社がKKRに買収されるので、子会社はどうなる?
ってスタンスで持ってます。
だいぶ上がっちゃいましたね。どうEXITすべきか悩んでます。

UCS(8787)
ユニーの子会社(81.3%保有)になります。
親はユニーファミマHD(8028)という形で統合されました。
ファミマはTカード、ユニーはUCSカードでしたが
この後どうなるかな?というスタンスで持ってます。
まあ優待もありますし、ぼちぼちと・・・

トーメンデバイス(2737)
豊田通商(8015)の関連会社(26.6%保有)
トーメンエレクトロニクス(2014年に豊田通商にTOB)の関連会社
前々からトーメンエレクトロニクスとともにTOB候補でしたが
エレクトロニクスの方はTOBされました。
次はデバイスかってところなんですが、果たして・・・

現状ポジってるものや気になってるのはこんなところですかね。
一応、客観的なつもりではありますが、ひいき目が入っている
&単純に間違ってる可能性もありますのでご了承ください。

今年も相場は当てずとも、なんとか食べていける路線を
目指していこうと思います。よろしくお願いいたします。

年初のアノマリーやら、注目株など

みなさまあけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

シンプルなテンプレートでいいやという事で
今年もこのブログデザインで行こうと思います。

まずは中期的なアノマリーから、例年1月は普通ぐらいですかね。
小型株や低PBRが良い傾向です。
2月~4月まではわりと良い傾向があります。
そして魔の5月に・・・w

2016年のとりあえず持ってる株はこんな感じです。
2年連続ですがw 昭和シェル(5002)
ロイヤルダッチシェルからだけ1,400円で買うのはどうよ?
ということと、そろそろ原油価格も底打ちしないか(希望的観測)
という感じでダラダラ持ってます。
(現状では株式交換が有力視されてての時価という感じかと思います)

第一興商(7458) ナガワ(9663)など1月TOPIX銘柄
12月銘柄は地合いもありましたけど、組み入れの2日前~3日前
ぐらいがピークでしたね。
例年1月銘柄は良いことが多いので、期待してます。

例年同じ事をしてますけど、この時期にTOB候補を発掘して
1月末~2月頭ぐらいの発表で、1つ2つ当ててみたいと思います。
この分野ではUCS(8787)(優待もあるので)だけ持ってますね。
時間があるときに調べて。ポジションを取ってみようと思います。

本年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって良い1年でありますように。

東京エレクトロン(8035)の経営統合

東京エレクトロン(8035)がアプライドマテリアルと
経営統合を予定しております。
INDEXイベントを中心にメモっておこうと
思います。

まず、東証1部から→東証1部(外国株)
に市場変更となります。
これによって、日経平均採用銘柄と
TOPIX採用銘柄から外れるのではないか?
と現時点では考えております。

スケジュール的には
株主総会(6/20)で経営統合が承認される
→指数アナウンスがある
→予定通りいけば9月17日(水)が最終売買日となり
この日に各種指数対象から外れる?
という目論見を考えております。

作戦的にはどっかでショートして→最終売買日に買い戻す
or最終売買日にリバランスで下落したところを買い
→新会社上場日(9/24)以降に利食いする

の2択になると思うのですが
ショートはどこまで持てるかわかりませんね
(期日の繰り上げとかあると思います)

統合比率(割り当て比率)が
東京エレクトロン 3.25株
AMAT 1株
の予定になっており
これを現状の株価で比較しますと
東京エレクトロン 5,873円÷3.25=1807円
AMAT 20.21ドル×101.50円(為替)=2051円
と金曜日の夜にAMATが上昇したこともあり
ますが、わりと東京エレクの方がディスカウント
気味に推移しているのですよね~
=売り辛いです

メモ的には6月末日基準で、東京エレクトロンは
10円の配当を予定している事も書いておきます。

まとめようがないですが
株主総会前に両建てを作って
(正式に決定すると売り禁になるかも)
あとは推移みてケースバイケースですかね。
また日経平均から外れることになりますと
新たに1つ補充されることになります。

東京エレクトロンは(電気機器)→「技術セクター」
になりますので、同じ「技術セクター」から補充に
なる可能性が高いと思います。
「技術セクター」は
(医薬品)(電気機器)(自動車)(精密機器)(通信)
などで形成されます。

せっかく値嵩銘柄が除外されるので
値嵩株を採用するチャンスでもあります
(みなし価格が同じぐらいのものを入れた
方が影響が小さくなるため)

ここで話題になると思うのが、旧大証単独銘柄の
採用があるかどうかだと思います。
旧大証御三家と言えば以下の3つですかね~

日本電産(6594)(電気機器)でセクターぴったり○
村田製作所(6981)(電気機器)でセクターぴったり○
任天堂(7974)(その他製品)でセクターが違うため×

こんな感じですかね~
まあそもそも東京エレクが除外されるか
わからないのですが・・・と前置き(後置きかw)
しておきます