TOB、MBO、合併などの記事 (1/18)

マルマン(7834)の上限付きTOB(MBO)

マルマンがマルマンコリアに上限付きTOB(正確に言うとMBOに該当)
される事が2/14発表されました。まとめておこうと思います。

TOB期間 2月15日(木)~3月29日(木) 20営業日(短め)
応募するための最終買付日、3月26日(月)
決済の開始日 4月5日(木)
価格 295円
上限 3,165,000株
下限 なし 
TOBに賛同意見 応募は株主の判断に委ねる

公開買い付け代理人
三田証券

発行済み株式総数 17,228,201株
自己株式  425株

公開買い付け者の持ち株
5,621,400株 

応募可能株数 11,606,376株
応募すると思われる株式 2,400,000株

その他応募可能株式 9,206,376株

その他応募可能株主が55%の確率で応募すると仮定
〇公開買い付け者以外に安定株主がいなさそう
以上、応募増加要因。

〇公開買い付け代理人が三田証券
以上、応募減少要因

〇不透明要因
2位株主のコスモ&カンパニーの動向が不明
(応募するものとして計算)

9,206,376株×0.55=5,063,506株
コスモ&カンパニーの株式 2,400,000株

応募想定株数 7,463,506株
推定当選率     42.4%

295円×0.424=125.1円(当選分理論価格)
落選後推定株価198円(2/14終値)
198円×0.576=114.0円(落選分理論価格)

125.1円+114.0円=239.1円(推定理論価格)

こんなん出ました。
2位株主のコスモ&カンパニーは、前回の売り出し(2017/6/30)
で売ってますし
TOBの趣旨からすると応募することになると思うのですが
なんとも言えないところです。
240万株あるので、この動向によって、当選率が大きく変わりそうです。

浮動株が減る事と、経営の安定化は見込めると思うので
落選分の理論価格はやや保守的かもしれません。
ただ、地合いが怪しいので、その面でも保守的の方がいいかも?
明日はS高(248円)するかどうかってところですかね?

改めて東栄リーファーライン(9133)のMBO

東栄リーファーラインのMBOの条件上がりましたね。
現時点での図式をまとめておこうと思います。

TOB期間 2月8日(木)~3月23日(金) 30営業日(長め)
応募するための最終買付日、3月19日(月)
決済の開始日 3月29日(木)
価格 800円(600円から引き上げ)
上限 なし
下限 3,689,200株(前回より200株だけ減少)
賛同の意見表明とMBOへの応募推奨あり

公開買い付け代理人
東海東京証券

発行済み株式総数 6,050,000株
自己株式  514,757株

応募合意株式
549,700株 オフィスサポート
480,800株 レノ
473,050株 東栄開発
102,000株 光和マリン
168,180株 宮崎潤氏

<前回は日本水産200,000株が応募合意にありましたが、今回はなし>

公開買い付けに応募する意向を表明
231,627株 日新興業、役員など

以上応募が確実な株式 2,005,357株
日本水産の200,000株を足すと 2,205,357株

下限までに残り必要な株式数
1,483,843株

前回応募があった株式数
2,520,429株

前回応募株式にレノ系の持ち株を足すと
3,550,929株(下限まで、あと138,271株必要)

村上さんが手打ちにしたので、厳しいかもしれないけど
まだ不成立の目がないこともないかな?
憶測100%ですが、ジェットエイト側はこの条件でも反対かと
思われますので、なんらかのアクションを起こす可能性もありそうですね。

りそなHDによる、みなと銀行と関西アーバン銀行へのTOB

「9月末にすでに公開されていた案件ですが、TOB実施の運びとなりました」

りそなHD(8308)がみなと銀行(8543)と関西アーバン銀行(8545)
に対してTOBすることが12/26に正式に条件決定され発表されました。
まとめておこうと思います。

まずみなと銀行から

TOB期間 2017年12月27日(水)~2018年2月14日(水) 30営業日(長め)
応募するための最終買付日、2月8日(木)
決済の開始日 2017年2月20日(火)
価格 2,233円
上限 6,182,500株
下限  なし 
TOBに賛同意見 応募は株主の判断に委ねる

公開買い付け代理人
大和証券

発行済み株式総数 41,216,515株(自己株式を除く)

応募契約
18,483,435株 三井住友銀行

応募契約等を除いた
応募可能株数 22,733,080株

応募可能株主が30%の確率で応募すると仮定
(正直推定するの難しいです)
〇機関投資家の持ち株が多い
以上、応募増加要因。

〇そのまま応募しなくても新会社株になるので
〇三井住友がどうせ応募するので、それほど買い取られない
以上、応募減少要因

応募する方が得か、そのまま持っても良いよなのか?
そのあたりは非常に考え方が難しいです。
個人の持ち株はそれほど多くないと思われ
こういう時にいわゆる機関投資家がどのように行動するか
良いサンプルになるかもしれません。
(注、↑時価では応募しないと思いますが念のため)

22,733,080株×0.30=6,819,924株
応募契約 18,483,435株

応募想定株数 25,303,359株
推定当選率     24.4%

2,233円×0.244=544.8円(当選分理論価格)
落選後推定株価1,877円(9/26終値)
1,877円×0.756=1419.0円(落選分理論価格)

544.8円+1419.0円=1963.8円(推定理論価格)

こんなん出ました。
元々発表済みという事もあって時価より結構下ですね。
一応、理論価格より、時価が安い場合を想定して30%って
数字を出しましたが、これではそんなに応募もないですよね。

押せばチャンスもあるかもですが、ちょっと・・・
試算の一つとして、三井住友以外が誰も応募しないという場合は
(ベストシナリオ時の理論価格)
当選率 33.4%
2,233円×0.334=745.8円
1,877円×0.666=1250円
745.8円+1250円=1995.8円
とこちらも時価を下回ってます。
統合後の織り込み度合いの方が強いですね。
応募してどうこうという事はなさそうです。

やる気がなくなってきましたが、関西アーバン銀行もまとめます。

TOB期間 2017年12月27日(水)~2018年2月14日(水) 30営業日(長め)
応募するための最終買付日、2月8日(木)
決済の開始日 2017年2月20日(火) ←↑スケジュールはみなと銀と同じ
価格 1,503円
上限 11,029,200株
下限  なし 
TOBに賛同意見 応募は株主の判断に委ねる

公開買い付け代理人
大和証券

発行済み株式総数 73,527,950株(自己株式を除く)

応募契約
36,109,772株 三井住友銀行

応募契約等を除いた
応募可能株数 37,418,178株

応募可能株主が30%の確率で応募すると仮定
〇機関投資家の持ち株が多い
以上、応募増加要因。

〇そのまま応募しなくても新会社株になるので
〇三井住友がどうせ応募するので、それほど買い取られない
以上、応募減少要因

37,418,178株×0.30=11,225,453株
応募契約 36,109,772株

応募想定株数 47,335,225株
推定当選率     23.3%

1,503円×0.233=350.2円(当選分理論価格)
落選後推定株価1,350円(9/26終値)
1,350円×0.767=1035.4円(落選分理論価格)

350.2円+1035.4円=1385.6円(推定理論価格)

こんなん出ました。
こちらの方が時価は下回っているものの、それほど乖離してませんね。
重ねてになりますが、理論価格より、時価が安い場合を想定して
30%って数字を出しましたが、これではそんなに応募もないですよね。

こちらも試算の一つとして、三井住友以外が誰も応募しないという
場合は(ベストシナリオ時の理論価格)
当選率 29.5%
1,503円×0.295=443.4円
1,350円×0.705=951.7円
443.4円+951.7円=1,395.1円
とこちらも時価を若干下回ってます。

新持ち株会社への統合比率も載せておきます。
みなとが1株につき 新会社株2.37株割り当て
関西アーバンが1株につき 新会社株1.60株割り当てです。
時価で計算すると
みなとは新会社株を100株もらうのに87,713円
関西アーバンは新会社株を100株もらうのに88,625円
必要で、若干みなとの方が割安です。

TOB的目線だと関西の方が割安(ただし、時価では応募しても意味ない?)
統合会社的目線だと、みなとの方が割安
配当を一切考慮しておりませんので(みなとは50円予想、関西は40円予想)
お含みおきください。
どっちにしろあまりチャンスはなさそうです。
ハズレ券が理論価格まで下がるか?というのも怪しいですけどね~
TOB後下がらないなら、応募できるだけ応募しても良いのですが・・・
一応時価よりはTOB価格の方が高いわけですし・・・
確実にはずれ券は出ますけどね。

私の3時間返して欲しい・・・というところですが、調べるの大事ですよねw

セブンシーズHD(3750)の上限下限付きTOB

セブンシーズHDがアクア戦略投資事業有限責任組合(非上場)
に上限下限付きTOBされる事が10/3発表されました。
まとめておこうと思います。

TOB期間 10月4日(水)~11月1日(水) 20営業日(短め)
応募するための最終買付日、10月27日(金)
決済の開始日 2017年11月9日(木)
価格 2,088円
上限 873,100株
下限 685,100株 
TOBに賛同意見 応募は株主の判断に委ねる

公開買い付け代理人
三田証券

発行済み株式総数 1,436,639株
自己株式  93,321株

応募契約
759,226株 リビルド、オフィスサポート、レノなど

応募契約等を除いた
応募可能株数 584,092株

応募可能株主が60%の確率で応募すると仮定
〇応募契約以外の固定株主があまりいなさそう
以上、応募増加要因。

〇公開買い付け代理人が三田証券
以上、応募減少要因

584,092株×0.60=350,455株
応募契約 759,226株

応募想定株数 1,109,681株
推定当選率     78.7%

2,088円×0.787=1643.3円(当選分理論価格)
落選後推定株価1620円(10/3終値)
1,620円×0.213=345.1円(落選分理論価格)

1643.3円+345.1円=1988.4円(推定理論価格)

こんなん出ました。
レノがまずまずうまいことEXITさせそうって感じですかね?
前日の出来高が100株しかありませんので、ハズレ券捌くのが
大変そうです。というかそもそもエッジがある価格で
ポジれそうもない気もいたします。

倉庫精練(3578)の上限下限付きTOB

倉庫精練が丸井織物(非上場)に上限下限付きTOB
される事が3/27に発表されました。
まとめておこうと思います。
(4/14に条件が変更されております)

TOB期間 3月28日(火)~4月24日(月) 20営業日(短め)
→変更後締め切り 5月18日(木)
(応募するための最終買付日、4月19日(水)→5月15日(月))
決済の開始日 2017年4月28日(金)→5月24日(水)
価格 148円→160円
上限 3,563,000株
下限 3,563,000株 
TOBに賛同意見 応募は株主の判断に委ねる

月末時価総額が10億円以上となることにつながることを期待
とのコメントあり。
上場廃止決定(2017年4月末基準)を回避できない可能性も
否定できないとのコメントもあり

公開買い付け代理人
みずほ証券

発行済み株式総数 7,140,078株
自己株式  15,000株

応募契約
2,489,440株 元社長の親族など

応募契約等を除いた
応募可能株数 4,635,638株

応募可能株主が55%の確率で応募すると仮定
〇浮動株多い
以上、応募増加要因。

〇プレミアム大きくない
以上、応募減少要因

4,635,638株×0.55=2,549,600株
応募契約 2,489,440株

応募想定株数 5,039,040株
推定当選率     70.7%

148円×0.707=104.6円(当選分理論価格)
落選後推定株価124円(3/27終値)
124円×0.293=36.3円(落選分理論価格)

104.6円+36.3円=140.9円(推定理論価格)

こんなん出ました。
この数字には上場廃止になった場合のディスカウントは
考慮されておりませんことをご留意くださいませ。

また四季報を見てもずっと赤字ですし
企業としての価値がどうかというところです。

10億円を超えるためにはもう少し高めのTOBが必要だった
気もしますが、このあたりがギリギリの線なんですかね?
10億円だけを目標にするなら、第三者割当等の施策も
あると思うのですが、あえて応募契約付きのTOBになりました。

会社側の一族の相続対策と、どこに魅力を感じたかはわかりませんが
買い手側の思惑が一致したんですかね~
ホームページしか見てませんが、わりと買い手の企業はまともな
感じがします。公開買い付け代理人もみずほ証券ですしね。

個人的には10億円目当ての上げもありそうで
135円-136円なら買えそうな気もするのですが
中途半端に上場廃止基準に抵触した場合は
ハズレ券の価格が厳しい気もしますねえ・・・

5月21日追記
まず、10億円にギリギリだったために条件変更してきた
と考えられて、当初のTOB時に買ってみても良かったかも
知れませんねとタラれば・・・

TOBの結果ですが、82.3%の買取りとなりました。
まあ想定の範囲内ぐらいの数字でしょうか?

自分自身もそうでしたが、条件変更後にポジったとすると
150円では買えたと思われ、実際は5月19日からハズレ券
を売ることができましたが、一応翌々営業日の始値137円
で計算してみます。

160円×0.823=131.7円
137円×0.177=24.2円
131.7円+24.2円=155.9円
ということで3.9%ぐらいの案件でしたね。