FC2ブログ

月次の成績や年間のまとめの記事 (1/25)

2021年3月の月次のまとめ

株式   プラス(ほんの少し)
先物OP プラス
FX    売買無し

3月は上下ありましたけど、日経平均は横ばい
一方TOPIXは大幅高となり、バリュー優位の流れでしたね。
日銀がETF買い入れ縮小という感じになり、後半は少し弱くなってます。
最後にアルケゴスの話が出て、どうなんでしょというところ。

株価の材料としては、あまり重視されてない感じですが
緊急事態宣言が明けたばかりなのに、早くも第四波の気配があり
心配ですね。一般へのワクチン接種の話も進んでおりませんし。

マザーズは月間で見ると横ばいぐらいでしたが
IPOの初値とセカンダリーが一気に弱ってしまい
このあたりのマインドが4月に戻るかというところ。

REITは前月に続いて、割と強かったです。
新年度に弱含む傾向があるので、少し売ってみたけど
トレンドに逆らってる気がしますねw

個人的には
スイング的なものは月初買ってみたけど降りてしまい、そのままならという感じ。
良いときに見送って、悪いときに入ってとちぐはぐでした。

店頭は空港ビル(9706)はうまく立ち回れませんでした。
受け渡し日の引けクローズの分は下手すぎすぎ・・・
案件自体少ないですね。
IPOは取りに行って、自分としては取れたけど、地合いが暗転です。

先物部門は3月になって巻き返しました。
引けプレイがなんか再びワーク。
年度末の需給は期待ほど出ませんでしたが、一応取れました。

4月は
とりあえず3月月末にいろいろ詰めたので、少しリフレッシュして
ポジション軽めから。
TOB関連とREITショートぐらいな感じでスタートです。

先物・OPは
ロスタイムだけ適時やる感じですかね。

個別ポジは
引き続き日立金属(5486)
報道通りなら入札締め切りです。
2週間ぐらいのうちにはもう少し価格面の具体的観測報道が出るかも?
先日の観測報道で、弱含んだけど、足元戻し気味です。
時価なら少し減らしてる感じです。

日邦産業(9913)
3月に増やしたポジションになります。
絶賛裁判中ですね・・・
まあベジさんにはソレキア(9867)で儲けさせてもらったので
良いかなという感じもあります。
時価は何とも言えない感じですね。
現状の期限(4/9)は多分延長になるかと思います。

REITショート
年度の始まりは弱くなることが多いのでショート。
1週間ぐらいかけて機械的に手仕舞いする予定です。

アノマリー的な話
4月はさあ新年度だというところですが、出だしはあまり良くない印象。
TOPIXベースで月間成績は近10年で6勝4敗ですので
後半にわりと強くなり、GW前にどうなるかという感じですね。
昨年はコロナ禍で、決算延期になるところ多かったですが
今年は4月中に決算出すところも増えるでしょう。

2021年4月の予定
1日(木) ヒューリックリート(3295)値決め、みずほ
9日(金) 4月SQ
      日邦産業(9913)TOB締め切り、930円、三田
21日(水) 日邦産業、新株予約権権利付き最終日
23日(金)~このあたりから、3月期決算企業、本決算発表
27日(火) 4月優待権利付き最終売買日(逆日歩6日)
28日(水) 4月TOPIXリバランス(ウイングアーク1st等)

とりあえず4月はノープランからスタート。
少しお休みも入れたりしてリフレッシュしたいと思います。
スポンサーサイト



2021年1月の月次のまとめ

株式   プラス
先物OP プラス
FX    プラス

1月は中盤にかけてさらに高値を更新する展開となりましたが
最後の2営業日で失速して、月間でほぼ横ばいになってます。
NYダウやNasdaqも似たような足取りですね。

感染者数が減ってきましたけど、緊急事態宣言延長(見込み)。
決算真っ盛りで数字は良いけど、株価反応としては寄り天。
アメリカで投機の行き過ぎみたいな流れになってる。
直近の環境はこんな感じですかね。

マザーズは指数として1200前後が収まりが良いのか
上下しても月末にはこのあたりに収束する感じ。
IPOは広がりすぎた感じで、直近は地合いも悪くなり失速。
今年のIPOもそろそろ始まりますね。

個人的には
ビビりながらやった「IPO枕に年越し」は結果が出ましたが
何かやらなくちゃで組んだ「TOPIXリバランスプレイ」は大敗。
「日本の連休は円高」は小遣いになり(ロット少)
「先物順張りロスタイムプレイ」はわりと堅調です。
「TOBやMBOに後だしじゃんけん」は負けては無いけど
銘柄選別ミスってますね。
「店頭は言われるまま」になってて、コツコツ負けてますw

2月は
とりあえず決算なのですが、それよりも地合いが危うい感じ。
昨年の2月は後半にコロナで急落しましたが
途中まではまずまず保ってはおりました。
まだこれから、TOBやMBOは出てくると思いますので
理論値考えながらいろいろBETすることになりそうです。

先物・OPは
久しぶりOPに手を出してます。まあ上下3枚のショートストラドル
なので、そんなに惨敗することは無いかと思うのですが。
ロスタイム投資法いつまで持つんですかね。

個別ポジは
日立金属(5486)
結構増えてきてます。
2次入札の締め切りが2月中旬との観測報道があり
そろそろジャッジメントが近づいております。

私は観測報道の価格はアテにならないと思っておりますが
(「売却総額は7000億ー8000億円程度が目安となりそうだ」
との観測報道を単純に発行済みで割ると1632円~1865円)
上場廃止になるなら、時価よりそんなに極端なディスカウント
ならないだろう&間違って高値提示もありえ~るという事で
積んでる感じです。

一番困るのは決着つかないというパターンですね。
どうなりますか。

ジャパンシステム(9758)
590円でMBO。その後現社長が山内ファミリーと組んで615円MBO
を計画?みたいな話になってます。
その後続報が無く、590円MBO側が賛同決議して旗色悪しですね。
締め切りは2月15日です。

常磐開発(1782)
昨年の11月に7800円でMBO、その後延長して
先日9000円に条件変更して、締め切りが2月9日であります。
時価は9000円超えて推移してますね。

ブラッククローバーなる独立系資産運用会社が買い増しして
(12.29%保有)会社側にプレッシャーを与えてる現状です。
とりあえず現状は株は集まって無さそう?という事で
どこまで会社側がやり切る意欲があるかと
ブラッククローバーに応募契約させるかと言うところでしょうか?

個人的にはほどほどの量で成り行き見守ってます。
今更買うのもどうかと思いますけどねw

ココカラファイン(3098)
昨年の1月に争奪戦があっての、マツモトキヨシとの経営統合予定へ
その時に6460円第三者割当増資
2月に最終契約予定といったところです。

共同株式移転方式を予定という事で
あまりプレミアムがつかなさそうな案件。
比率決めて、持ち株会社にぶら下がる形になりそうです。
これもそんなに極端なディスカウントにはならないだろう
という希望的観測でポジり始めました。
マツキヨをヘッジ売りした方が安全だけど、とりあえず買いだけ。

6460円で割当増資決議した時のマツキヨの株価が4405円
でマツキヨは当時を下回ってるけど、ココカラは当時より
高く、そのあたりでも少しマイナスですね。

アノマリー的には2月はそんなに悪くありません。
3月に向けて仕込むには良い所。
ただアノマリー信じ切れるムードではないですねw

2021年2月の予定
8日(月) アンドール(4640)625円 テクノセブン(6852)2000円
アイレックス(6944)2100円 TOB締め切り、みずほ
9日(火) 日本アジア(3751) TOB締め切り、1200円、野村
      常磐開発(1782)TOB締め切り、9000円、みずほ
10日(水) 日本フォームサービス(7869)TOB締め切り、3100円、三田
12日(金) 2月SQ
15日(月) ジャパンシステム(9758)TOB締め切り、590円、野村
      東亜石油(5008)TOB締め切り、2450円、大和
17日(水) 2月20日権利配当優待最終日(逆日歩3日)
24日(水)  2月優待権利付き最終売買日(逆日歩3日)
25日(木) 2月TOPIXリバランス(東芝など)

2月は個人的には日立金属次第でしょうね。
新たなネタが出てくる可能性もあると思います。
常にそう思ってますが、相場の方向性決めつけずに
やりたいと思っております。

2020年もお世話になりました。大変な年でしたね。

本年もありがとうございました。
今年はコロナ禍で世界というか、世の中大変でした。
こんな事があるなんて、思ってもみませんでした。
元の世界がいかに良かったか、実感しました。

1年の感想と、来年の抱負をまとめておきますね。

コロナの話自体は1月中旬ぐらいには出たのですが
その頃は中国限定での話になってました。
その時にパンデミック関連を仕込んだ方もいたようですね。
世界的に株価が反応し出したのは2月中旬からでした。
下旬になると大きく下落し、3月は決算月なのですが
連日ものすごいボラになって、消し飛んでしまいました。

株価もロングショートの手仕舞いみたいなもので、明らかな
ミスプライスがありましたが、REITが特に壊れましたね。
ここは買ってみたのですが、さらに底を投げてしまいました。
客観的になる事を大事にしてるのですが、客観的とは難しいですね・・・

その後は世界的に強力な金融緩和措置が取られて
実際の肌感覚と、株価の強さとの乖離にみんな悩んだと思います。

個人的には今年は、わからないという事に徹したのが
わりとうまく行った要因な気がします。
予想しないというか、とにかくわかりませんでしたw

相場が荒れたので、ほぼリスクないと思われるものにサヤが出たり
店頭のお客さんが減ったりして、自分でも食い込む余地が出来た事
がありました。

元々このような案件が好きですが、TOB案件が多かったですね。
これも良い方に出ました。
こちらもコロナ禍で、後だしじゃんけんに徹したのも良かったかも・・・

今年はIPOすごかったですね。
少し店頭との付き合いが増えて、私としてはそこそこ取れて
恵まれた面もあります。ほんといろいろ恵まれました。

全金融資産を運用に回してると仮定すると
今年の率としては+39%でした(確定損益ベース、生活費込み)
今年はあと、珍しく先物がうまく行った気がします。
こんな事もあるんですね~と言う感じで、他人事のような気がします。
出木杉くんではなく、豪運くんなんでしょう・・・

例年通りではありますが大発会でリセットして、少し距離を取って
また考えてみようと思います。
今年は遊びに行けない事もあり、四六時中株の事を考えて過ごした
気がして、それもどうかな?と思いました。

結局自分は過去傾向にBETする事
後だしじゃんけんにBETする事
店頭で愛想で勝負する事
ぐらいしかできないかなとも再認識しております。
けど、投資らしい投資にも憧れてて、何かしてみたいとは思います。

今年は無事過ごせたというホッと感はありますが
なんか世間が大変なのにこんなんで良いのだろうかとも
常に感じておりました。
多少損しても良いので、コロナ禍が去って、みんなが楽しめますように。
自由に世界を飛び回れることを願っております。

良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。

2020年12月の月次のまとめ

株式   プラス
先物OP プラス
FX    売買無し

前月は記録的上昇で、やや上値が重いかと言う展開でしたが
最後に日経平均だけやたら強くなり、27000円台の大納会になりました。
ほんと3月の時点で、こんな12月になるとは思いませんでしたね。

肌感覚と株価の乖離。ひたすら寄与度上位のものが買われ
放置されてるのは、そのままみたいな違和感の塊ではありますが
その価格(株価)で売買されてるという事は、そういう事だから
と株価(需給)に対して、下手にひねくれないようにしたいと思います。

マザーズはIPOラッシュに向けて換金売りが嵩んで
前半にこけて後半戻すもマイナスの月間パフォーマンス。
IPOは初値が高く、セカンダリーは二極化と言う感じでした。
うまく乗れた人もいれば、えらい目にあった方もいるでしょう。

個人的には
ANAは無難にできたし、IPOも私としては取得できたので
店頭案件に恵まれた感じですかね。
今はわりと担当さんに恵まれてる感じで、お世話になりっぱなしです。
最後はIPOドンパチに参加して、今のところ何とかで
平穏な大発会を迎えてくれればEXIT~というところですが。

あまりトレードぽい事はしてないですね。
サヤが小さいけど、堅そうなところに入れる部門と
店頭にお任せみたいな感じで、なんかちょっとインチキぽいですw

1月は
普通に考えてあまりネタないですよね。
3月期決算の3Q決算が始まる月末ぐらいには
またMBOやTOBネタ出てくるかもしれませんね。

先物・OPは
こつこつやれてます。
上げ下げあまり予想しない事が良いのかもですね。
フリーダムにやったら、すぐお金無くなります。

個別ポジは
IPOやマザーズの初夢お楽しみコースは持ってあと2営業日。
他のポジだとやっぱ
日立金属(5486)がどうなるかですね~
週中、日立の社長インタビューが出てましたけど
何が何でも売却するというムードも無くて、それも嫌気した感じ。

あまりやることが無さそうなので
プレサンス(3254) 東京ドーム(9681) ジヤパンシステム(9758) 川辺(8123)
あたりは価格見て、ポジって応募しようと思ってます。

アノマリー的には1月は最近、前半はご祝儀相場的なものはなく
弱い感じはしますね。半ばあたりに底を打って2月にかけては
まずまずなんですが。

2021年1月の予定
4日(月) 大発会
8日(金) 1月SQ
      ケネディクス(4321)TOB締め切り、750円、日興
14日(木) プレサンス(3254)上限付きTOB締め切り1850円、日興
      日本アジアG(3751)TOB締め切り、600円、野村
18日(月) 東京ドーム(9681)TOB締め切り、1300円、野村
21日(月) 日本アジアG(3751)TOB締め切り、600円、野村
25日(月) 常磐開発(1782)TOB締め切り、7800円、みずほ
      川辺(8123)上限付きTOB締め切り1300円、みずほ
27日(水)  1月優待権利付き最終売買日(逆日歩3日)
28日(木) 1月TOPIXリバランス

1月はあまり動くようなポジション取らないと思います。
年末は少しハラハラし過ぎて、心穏やかじゃなかったです。
年次のまとめとご挨拶は明日更新いたします。

2020年11月の月次のまとめ

株式   プラス
先物OP プラス
FX    売買無し

11月は日経平均ベースで歴史的な月間上昇率となってます。
ちょうど先月の月次で「23000円引けて終えてます」
と書いてるのに、26433円ですものねw

ただ、誰も日経平均に勝てないみたいな感じで
日経平均の異様な無敵感というか独走感というか・・・
なかなか難しい1か月だったような気がします。

マザーズは一応プラスでしたが、伸び悩み。
IPOは初値は良いけど、セカンダリーは難しいですね。
11月にIPOしたものは、今日時点で初値越えているもの
が無いかと思います。

個人的には
少しお休みを頂いてリフレッシュ。
JALは途中安易に売って地獄を見ましたが、最後だけ恵まれる。
ドコモでとても地味に加点。
川金まさかの成立で完敗。
新たなTOBネタはビビッて押せず。
もらったREITは冴えず。
とこんなところですかね。

店頭ネタでは
JALはほどほどに取れたのですが、前哨戦で大コケしてパー。
そして、今手持ちにある、REITやインフラファンドは塩漬け濃厚な
感じで辛いですね。ANAはもう余計な事出来なくなってます。

日経平均入れ替えでは、また穴のシャープ(6753)が採用されました。
最近、日経平均銘柄選定する人が、わざと本命外しに来てる
感じすらしちゃいますね。ちょうど明日リバランスです。

12月はとりあえずANA無難に立ち回って・・・
せっかくの12月なので、何かIPOもらいたいところ。
ザラバはあまり相場観持たずにコツコツと
そして最後の方はIPOセカンダリーやるかもですね(怖い)

先物・OPは
最近、なんか安定してて、一応収益に貢献しております。
一回のミスが大きいですからね、気を付けないと。

個別ポジは
少しMSCIポジ組んだけど、これはすぐ畳むし
やっぱ
日立金属(5486)
がどうなるかですね~
個人的には上場廃止スキームなら、そんなにディスカウントに
ならないのでは・・・という希望的観測を持ってます。

他にいろいろ出てきてますが、ごく少量化ノーポジと言う感じで
眺めてるところです。

今仙電機製作所(7266)
は応募しました。そんなに負けないし、そんなに勝てないでしょう
と言ったところですね。地味ネタです。

重ねてになりますが、今月は店頭でどう立ち回るかになりそうです。

アノマリー的には12月は良いですが、直近やや弱くなってます。
特に11月が強かったので、買いにくいムードありますよねw
クリスマス以降は新興祭りになりがちですが、エントリーするのは
怖いです。

2020年12月の予定
1日(火) 日経平均リバランス。シャープ(6753)
2日(水) リクルート(6098)売り出し価格決定期間入り(全量海外)
7日(月) ANA(9202)値決め期間入り
8日(火) 今仙電機(7266)TOB締め切り、930円(上限付き)野村
11日(金) 12月メジャーSQ
18日(金) 日銀金融政策決定会合、結果発表
21日(月) 日本アジアG(3751)TOB締め切り、600円、野村
22日(火) 東都水産(8038)TOB締め切り4550円(上場維持)三菱
28日(月) 12月優待権利付き最終売買日(逆日歩5日)
      常磐開発(1782)TOB締め切り、7800円、みずほ
      島忠(8184)TOB締め切り、5500円、大和
30日(水) 大納会

12月もいろいろあるでしょうが、あまり根詰めず気楽に。
やれることはやって、無理なポジションは取らずに。
そしてステイホームで大人しく過ごします。