2014年10月18日の記事 (1/1)

大陽日酸(4091)へのTOB(2)

正式発表前に一度取り上げましたが
そろそろ締め切りも近くなって来ましたし
一度まとめてみることにしました。

三菱ケミカルHDが大陽日酸に対して
上限、下限つきTOBを発表いたしました。

TOB期間 9月30日から11月5日(水)まで
(受け渡しベースで10月30日(木)までの約定)
決済の開始日 11月12日(水)
価格 1,030円
上限 104,079,476株
下限 99,748,549株
応募推奨はなく、中立

公開買い付け代理人
三菱UFJモルガンスタンレー証券
カブドットコム証券で応募可能

発行済み株式総数 433,092,837株
内、三菱ケミカル保有分 116,797,870株
応募可能株式 316,294,967株
このうち7割が応募すると仮定
(応募推奨はないけど、下限の条件が厳しい
ので、ある程度応募の腹積もりあるのかな?って)
応募想定株数 221,406,477株
推定当選率     47.0%

1,030円×0.470=484円(当選分理論価格)
発表前株価(5/12終値802円)を
落選後推定株価にすると
802円×0.530=425円(落選分理論価格)

484円+425円=909円(推定理論価格)
こんなん出ました。
前回の計算より、当選率を上方修正にして
落選後株価を下げてみました(この地合いなので)
自分でもちょっと保守的かな?
という見積もりではありますが
なんとなく時価ではそれほど魅力が
ない気もしてきました(まとめてみるとw)

楽観シナリオですと
(応募可能株主の応募率が50%だった場合)
158,147,483株の応募
当選率65.8%
1030円×0.658=678円
802円×0.342=274円
678円+274円=952円
というところですかね。

ちょっと買うの早かったかな・・・w
落選後株価もよくわかりませんしね

<追記11/21>
下限を超えかつ上限を超えないということで
100%買取でした。
けど、買い取ってもらうよりザラ場で売ったほうが
取れましたねw
カブコム一般信用が繰り上げになったり
いろいろ異例ずくめの案件でした。