2016年02月11日の記事 (1/1)

東急レクリエーション(9631)の上限つきTOB

東急レクリエーションが東急(9005)に上限付きTOBされることが
2/10に発表されました。まとめておこうと思います。

TOB期間 2月12日(金)から3月10日(木)まで(20営業日)←短め
(受け渡しベースで3月7日(月)までの約定)
決済の開始日 3月17日(木)
価格 850円
上限 5,255,000株
下限 なし 
TOBに賛同意見、応募は株主の判断に委ねる

公開買い付け代理人
野村證券(野村ネットコールでも可)

発行済み株式総数 31,937,414株
自己株式 2,619,236株(第三者割当へ)

東急の持ち株 7,746,044株

東急ストア 174,000株
東急エージェンシー 133,441株
東急ファシリティサービス 39,065株
セントラルフーズ 19,000株
東急設計コンサルタント 13,946株
上田交通 2,100株
以上、応募しない事を確認済株式数 381,552株
東急の分とあわせて8,127,596株

その他株式数 21,190,582株

その他株主が40%の確率で応募すると仮定
○プレミアム少なめ
○株主優待がある銘柄は応募率低めの傾向
○野村ネットコールで応募できるのは応募率増加要因だけど
○持ち株2位のトラスティサービスは実質従業員持株会なので
応募しない確率が高そう
○東急不動産、小田急、東映、京王電あたりは応募しなさそう
(このあたりを除いた50%ぐらいが応募可能株式の40%ぐらい)

21,190,582株×0.40=8,476,232株

応募想定株数 8,476,232株
推定当選率     62.0%

850円×0.620=527円(当選分理論価格)
落選後推定株価725円(2/9終値)
725円×0.380=275.5円(落選分理論価格)

527円+275.5円=802.5円(推定理論価格)

こんなん出ました。
本日の終値806円だとちょっと高いかもしれませんね。
ハズレたらごめんなさい。
1単元コースは微妙な感じです。壱番屋の時は当選率が「83.4%」
で1単元コースは「98.6%」で当選でした。

<3/19追記>
当選率「89.5%」と思ったより高かったですね。
1単元コースは全員買い取り、2単元コースは6/20の当選率でした。
816円ぐらいでは買えたとして、はずれ券が808円(3/14始値)
で売れたとすると・・・
850円×0.895=760.75円 808円×0.105=84.84円
760.75円+84.84円=845.59円
845.59円÷816円=3.62%の収益案件でしたね(税金、手数料考慮せず)