セメダイン(4999)の上限つきTOB

セメダインがカネカ(4118)に上限付きTOBされることが
12/8に発表されました。今更ですがまとめておこうと思います。
(マカオに遊びに行っていたのでw)

TOB期間 12月9日(水)から1月13日(水)まで(20営業日)←短め
(受け渡しベースで1月7日(木)までの約定)
決済の開始日 1月20日(水)
価格 576円
上限 3,212,000株
下限 なし 
TOBに賛同意見、応募は株主の判断に委ねる

公開買い付け代理人
野村證券(野村ネットコールでも可)

発行済み株式総数 15,167,000株
自己株式等を控除  15,012,901株

カネカの持分 4,445,000株
以上、TOB側の持ち株数 4,445,000株

自社共栄会 1,610,000株
三菱商事 1,000,000株
東レ・ダウコーニング 590,000株
信越化学 400,000株
日本ウィリング 330,000株
LIXIL 300,000株
以上、応募しないと思われる株式数 4,230,000株

その他株式数 6,337,901株

その他株主が50%の確率で応募すると仮定
○プレミアム少なめ
○野村ネットコールで応募できるのは応募率増加要因だけど

6,337,901株×0.50=3,168,950株

応募想定株数 3,168,950株
推定当選率      100%?

こんな感じで計算してみました。
時価もほぼ100%を織り込みに行ってる感じですね。
ハズレたらごめんなさいw
仮に応募が多かったとしても1単元がハズレることは
ないと思いますが・・・
ただ1月から100株単位に変更になるので、うまみもないですね・・・

<1/14追記>
結果は「76.9%」でしたね。大きく外してしまいました。
取引先も銀行もほとんど応募したようで、正直意外でした。
株価にあまりサヤがないから、たぶん100%に近いのだろう
という先入観があったのも事実ではありますが
これほど集まるとは思いませんでしたね。
穿った見方をすれば、集まりそうもないのにTOBをすると
いうことは最初から集まりそうな目算がカネカ側に
あったのかもしれません・・・

コメント

No title
セメダインの記事更新ありがとうございます。推定当選率100%は意外でした。株価の推移から90%くらいを見込んでいるのかなとは思ってましたが。

1000から100株への変更と時期が重なるのが個人的にあまり記憶にない案件ですね。1単元応募の人はわざわざ100株への変更を待ってから1/5以降に買うのか、もう買っているのかとか。ですね
御礼
初めまして。
いつもHP拝見していたのですが初コメです。
毎回TOB考察参考にさせていただいています。
おかげさまで今年一年手堅く増やすことが出来ました。
来年もよろしくお願いいたします。
セメダインその2
てっかさん こんにちは
一応客観的かつ、保守的に考えてるつもりではありますが、果たして・・・
取引先は応募しないと考え、その他株主も普通でしたら50%ぐらいだと
思ったのですが・・・

1,000株単位なら1単元が魅力的ですが、100株単位ですと
100%を目指して突撃するか、100株とはいえ「牛丼代」
目指すか・・・と言う感じになりそうですw
Re: 御礼
にしてつさん 初めまして。コメントありがとうございます。

株はわからない事だらけではありますが、このような案件は
それなりに自分でロジックを組み立てる事ができて
私も大好きです。ただやはり株は株ですので、大コケするときは
するでしょうね・・・w

よいお年をお過ごしください。
来年もよろしくお願いいたします。
TOBシーズンを前に
100株応募のみでした。
買取率が伸びない案件がTOBシーズンを前に出たことで、これからのTOBシーズンに向けて、応募すること自体に警戒感のムードが漂ってくれば勝負案件もでてくるかもですね・・・。

管理者のみに表示

トラックバック