FC2ブログ

りそなHDによる、みなと銀行と関西アーバン銀行へのTOB

「9月末にすでに公開されていた案件ですが、TOB実施の運びとなりました」

りそなHD(8308)がみなと銀行(8543)と関西アーバン銀行(8545)
に対してTOBすることが12/26に正式に条件決定され発表されました。
まとめておこうと思います。

まずみなと銀行から

TOB期間 2017年12月27日(水)~2018年2月14日(水) 30営業日(長め)
応募するための最終買付日、2月8日(木)
決済の開始日 2017年2月20日(火)
価格 2,233円
上限 6,182,500株
下限  なし 
TOBに賛同意見 応募は株主の判断に委ねる

公開買い付け代理人
大和証券

発行済み株式総数 41,216,515株(自己株式を除く)

応募契約
18,483,435株 三井住友銀行

応募契約等を除いた
応募可能株数 22,733,080株

応募可能株主が30%の確率で応募すると仮定
(正直推定するの難しいです)
〇機関投資家の持ち株が多い
以上、応募増加要因。

〇そのまま応募しなくても新会社株になるので
〇三井住友がどうせ応募するので、それほど買い取られない
以上、応募減少要因

応募する方が得か、そのまま持っても良いよなのか?
そのあたりは非常に考え方が難しいです。
個人の持ち株はそれほど多くないと思われ
こういう時にいわゆる機関投資家がどのように行動するか
良いサンプルになるかもしれません。
(注、↑時価では応募しないと思いますが念のため)

22,733,080株×0.30=6,819,924株
応募契約 18,483,435株

応募想定株数 25,303,359株
推定当選率     24.4%

2,233円×0.244=544.8円(当選分理論価格)
落選後推定株価1,877円(9/26終値)
1,877円×0.756=1419.0円(落選分理論価格)

544.8円+1419.0円=1963.8円(推定理論価格)

こんなん出ました。
元々発表済みという事もあって時価より結構下ですね。
一応、理論価格より、時価が安い場合を想定して30%って
数字を出しましたが、これではそんなに応募もないですよね。

押せばチャンスもあるかもですが、ちょっと・・・
試算の一つとして、三井住友以外が誰も応募しないという場合は
(ベストシナリオ時の理論価格)
当選率 33.4%
2,233円×0.334=745.8円
1,877円×0.666=1250円
745.8円+1250円=1995.8円
とこちらも時価を下回ってます。
統合後の織り込み度合いの方が強いですね。
応募してどうこうという事はなさそうです。

やる気がなくなってきましたが、関西アーバン銀行もまとめます。

TOB期間 2017年12月27日(水)~2018年2月14日(水) 30営業日(長め)
応募するための最終買付日、2月8日(木)
決済の開始日 2017年2月20日(火) ←↑スケジュールはみなと銀と同じ
価格 1,503円
上限 11,029,200株
下限  なし 
TOBに賛同意見 応募は株主の判断に委ねる

公開買い付け代理人
大和証券

発行済み株式総数 73,527,950株(自己株式を除く)

応募契約
36,109,772株 三井住友銀行

応募契約等を除いた
応募可能株数 37,418,178株

応募可能株主が30%の確率で応募すると仮定
〇機関投資家の持ち株が多い
以上、応募増加要因。

〇そのまま応募しなくても新会社株になるので
〇三井住友がどうせ応募するので、それほど買い取られない
以上、応募減少要因

37,418,178株×0.30=11,225,453株
応募契約 36,109,772株

応募想定株数 47,335,225株
推定当選率     23.3%

1,503円×0.233=350.2円(当選分理論価格)
落選後推定株価1,350円(9/26終値)
1,350円×0.767=1035.4円(落選分理論価格)

350.2円+1035.4円=1385.6円(推定理論価格)

こんなん出ました。
こちらの方が時価は下回っているものの、それほど乖離してませんね。
重ねてになりますが、理論価格より、時価が安い場合を想定して
30%って数字を出しましたが、これではそんなに応募もないですよね。

こちらも試算の一つとして、三井住友以外が誰も応募しないという
場合は(ベストシナリオ時の理論価格)
当選率 29.5%
1,503円×0.295=443.4円
1,350円×0.705=951.7円
443.4円+951.7円=1,395.1円
とこちらも時価を若干下回ってます。

新持ち株会社への統合比率も載せておきます。
みなとが1株につき 新会社株2.37株割り当て
関西アーバンが1株につき 新会社株1.60株割り当てです。
時価で計算すると
みなとは新会社株を100株もらうのに87,713円
関西アーバンは新会社株を100株もらうのに88,625円
必要で、若干みなとの方が割安です。

TOB的目線だと関西の方が割安(ただし、時価では応募しても意味ない?)
統合会社的目線だと、みなとの方が割安
配当を一切考慮しておりませんので(みなとは50円予想、関西は40円予想)
お含みおきください。
どっちにしろあまりチャンスはなさそうです。
ハズレ券が理論価格まで下がるか?というのも怪しいですけどね~
TOB後下がらないなら、応募できるだけ応募しても良いのですが・・・
一応時価よりはTOB価格の方が高いわけですし・・・
確実にはずれ券は出ますけどね。

私の3時間返して欲しい・・・というところですが、調べるの大事ですよねw

コメント

まああれですね
正式発表まで持っといて、発表後売り!が正解でしたか。
応募は集まりそうで外れ券が出るが、外れ券がそれほど下がらない、というローリスクノーリターンが予想されるので、現状では少し手が出しずらいです。
Re: まああれですね
みっきーさん コメントありがとうございます。

そうですね。予定通りでも好反応しそうだったので
先回りで仕込むのはありだったかもしれませんね。
気にはなっていたのですが、スルーでした。

経営統合後(持ち株会社ですが)のコスト削減や
業務効率化みたいなものはあるとは思いますが
やっぱ地銀なのでそれほど評価されないような気がしますね。
ハズレ券は意外と下がらない可能性もあるかと思いますが。

管理者のみに表示

トラックバック