チムニー(3178)の上限つきTOB

11月7日の引け後にやまやがチムニーに対して
上限&下限付きTOBを実施することになりました。
まとめておこうと思います。

まず、カーライル(投資ファンド)が持っている株を
どっかで売却する必要があったので、狙えたかな?
と思いました(タラレバですけどw)

1stHD(3644)のMBOが今年あったんですけど
これもアドバンテッジパートナーズが35.4%ほど
保有しておりました。

こういうのでスクリーニングかけて、何もなかった
としても保有できそうなもの探すのもいいかも
しれませんね。

さて本題に入ります。
買い付け価格1,510円 買い付け期間12月5日(木)まで
取扱い証券 野村証券(野村ネットコールでも可)
TOBする株数950万株(上限下限とも)

TOBの対象となる発行済み株式数 19,524,300株
やまやの持ち分を除くと    19,219,300株
応募契約済みの株式数     9,365,200株
19,219,300株ー9,365,200株=9,854,100株
このうち80%が応募すると仮定→ 7,883,280株
9,365,200株+7,883,280株=17,248,480株
→TOBに応募すると思われる株数
17,248,480株/950万株=55.07%(当選確率)

1510円×0.5507=831.5円(当選分理論価格)
1080円×0.4493=485.2円(落選分理論価格)
831.5円+485.2円=1316.7円(理論価格)

こんなん出ました。
個人的メモですので、間違ってるかもしれません。
お含みおきくださいね。

12月6日(金)追記
当選率81.2%ととても高かったです。
一番出来ていた1,330円近辺ではもちろんの事
S高の1,380円でも勝てそうですね。

株主優待は強しというところなんでしょうか?
それかアベノミクスでサヤ抜きなんかより
ドカーンと買っとけばいいやんというノリなのかw

自分もそうですが、IPOがいろいろあったので
そっちにベットした人も多かったみたい
結果、じげんが1個当たっただけなんですけど・・・

コメント

No title
いつもながら参考になります。

キリンと加藤産業は応募してこない・・・・?
だと考えても、8日付の1380円はすでにオーバーシュートしてい
る感じがしますね。
落選分の価格をもう少し保守的に考えると1300円割ってこないと
手がでない感じもしますが、はてさてどうなりますやら。

さて東光ですが・・・あいかわらず動きがないなか、決算と同時に
特損のIR出してましたね。
なんか株価を下げようとするキナくさい動きにしか見えないのは
私だけ?
チムニー(3178)
みっきーさん こんにちは
コメントありがとうございます。

>キリンと加藤産業は応募してこない・・?
その可能性はそれなりにありそうですね。
上場企業としてはいろいろな制約が
あるかもしれませんが、金銭的な事を
考えると応募して、TOB終了後に買い足せば
一番お得な気はしますね。

過去の事例では応募する場合もあるし
応募しない場合もある株主かと思われます。

東光
中国の認可が現時点でも降りてない
ということですかね?
村田のIRに聞けば教えてくれそうですけど。

確実に応募するという株主が少ないだけに
それなりの条件を出すかも・・と思う反面
村田自体が諦めちゃう可能性もありそうですね。

ここから2月ぐらいまではTOBシーズンかと
思います。いろいろ想定してポジる
&おもしろそうな案件あるといいですね。

ではでは~

管理者のみに表示

トラックバック